パプアニューギニア

パプアニューギニア情報

海外旅行辞典
海外旅行辞典 Homeオセアニア >パプアニューギニア
海外旅行辞典
当サイトでは、海外旅行に役立つ国の基本情報などを紹介しています。海外旅行に興味がある人、これから海外旅行に行く予定がある人、世界にはどのような国があるのか知りたい方など、全ての方に役立つような海外旅行情報サイトを目指しています。また、国の基本情報の他にパスポートについて、海外旅行保険、ホテルの予約、海外の食事、トラベル英会話などのコンテンツもありますので、どうぞごゆっくりとご覧ください♪
スポンサードリンク
 
パプアニューギニア
パプア・ニューギニア、世界で2番目に大きいニューギニア島の東半部と周辺約1万の島々からなり、国土面積は約46万kuで日本の約1.2倍です。
この地には約3万年前から人類が生活していたと言われ、現在も500以上の少数部族がそれぞれの伝統文化を守りながら生活している部族国家です。
ニューギニア島は全島が熱帯樹林で覆われていますが、中央には4000m以上の高山が連なる山脈が東西に走り、パプアニューギニアといえば南太平洋の楽園のイメージですが、山岳地帯に住む民族は厳しい自然環境と土地への固執のため闘争的な一面も持っています。
気候は熱帯モンスーン気候で、年間平均気温は沿岸部で昼35℃〜夜24℃くらい、高地では昼28℃〜夜18℃くらいになりますが、蒸し暑さがあまり感じられませんので過ごしやすいといえるでしょう。
公用語は英語で、共通語としてピジン英語が広く使われていますが、人口約500万人に対して言語の数が800以上あると言われています。
パプアニューギニアは第2時世界大戦中、ソロモン諸島と並んで日本が米国をはじめとする連合軍と激しい戦いを繰り広げた場所で、日本ではもう見られなくなった戦争の生々しい爪あとを各所で見ることができます。
スポンサードリンク

 
 
CONTENTS
 
 
 
旅の準備
 
 
 
トラベル英会話
 基本的表現
 
 入国・出国
 
 ホテル
 
 交通
 
 食事
 
 ショッピング
 
 観光
 
 電話
 
 トラブル
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright(c) 2006-2008 All Rights Reserved